FAQよくあるご質問

LRTの運営は誰が行うの?

LRTの運営は、行政と民間が出資した宇都宮ライトレール株式会社が担います。芳賀・宇都宮のLRT事業は地方の公共交通の充実・強化を図るために国が設けた「公設型上下分離方式」という仕組みを採用することで運営と整備の役割を分担します。

事業運営

「公設型上下分離方式」とは

道路や公園などと同じく軌道などの施設や車両を行政が整備・保有し、民間事業者が運行を担う仕組みです。行政と民間で得意な分野を分担することで、効率的な事業運営を可能にし、 安くて質の良いサービスの提供を実現します。

LRTの利用者数(需要予測)は、どれくらいを見込んでいるの?

JR宇都宮駅東側区間のLRT利用者数は段階的な調査を重ねながら、 「県央広域都市圏生活行動実態調査」結果を用いた需要予測を行い、行き・帰りで平日約1万6千人を見込んでいます。

JR宇都宮駅東側区間のLRT利用見込み人数

LRT利用見込み人数

「県央広域都市圏生活行動実態調査」とは

鉄道等の公共交通整備に用いる「パーソントリップ調査」に類似する人の移動を対象とした調査で「どの交通機関が」「どのような人によって」「いつ」「どのような目的で」使われているかを調べることができます。

LRT運営の収支はどの程度なの?

「公設型上下分離方式」を用いるLRT運営は、人口減少社会を見据えた利用者数見込みや人件費・物価の上昇、民間路面電車事業者の実績等を反映した収支計画から見積もって年間約1.5億円の黒字を見込んでいます。(需要が定着する開業4年目の見込み)開業前経費によって生じた累積損失は開業9年目で解消する見込みです。

運営収支見込み(開業4年目)

LRT利用見込み人数

LRTだけ…じゃなくて!!

質の良いサービス提供や利用しやすい料金設定、他の移動手段との乗り換え施設の整備などを進めるLRT事業とあわせて、交通ICカードを用いた市内路線バスの運賃支払いや運賃上限制度の導入を検討するなど、LRTだけではなくバスや鉄道などを含めた公共交通ネットワーク全体の充実を図っていきます。

LRT導入後、クルマの車線や流れはどうなるの?

LRT導入区間の一部ではクルマの車線が減ることになりますが、LRT導入区間周辺の道路ネットワークの整備に計画的に取り組むとともに導入区間では自動車交通に配慮した信号点灯サイクルの調整や交差点の改良を行うことで円滑な交通の確保を目指していきます。

クルマの車線や流れ

LRTの車両は、JR宇都宮駅をどのように横断するの?

LRTの軌道(レール)を高架化し、駅ビル北側の新幹線高架(駅舎3階部分)と在来線(駅舎1階部分)の間(駅舎2階部分)を横断します。

縦断イメージ
JR宇都宮駅横断ルート

LRTは、JR宇都宮駅西側区間も通るの?

JR宇都宮駅西側のLRT整備は、計画区間である「桜通り十文字付近」からのさらなる延伸を含めた「大谷観光地付近」までの5つの区間について検討しています。道路管理者や交通管理者、交通事業者等の関係機関との協議や沿線商店街との意見交換などに取り組みながら、引き続き、事業化に向けた調査・検討を進めていきます。

西側区間

LRT整備の検討の経緯は?

LRT事業については、平成25年3月に策定した「東西基幹公共交通の実現に向けた基本方針」において、桜通り十文字付近から宇都宮テクノポリスセンター地区までを全体計画区間とし、JR宇都宮駅東側から段階的に整備することとしました。
平成25年10月には芳賀町のLRT事業への参画意向を受け、JR宇都宮駅東口から芳賀・高根沢工業団地付近までの区間を優先整備区間として改めて設定し、「芳賀・宇都宮基幹公共交通検討委員会」などで事業化に向けた具体的・専門的な検討を進めてきました。